ニート in パリ - 行けっ森蔵!

偶然フランスはパリに移住することになった30代女子の生活。なぜか画家のベルト・モリゾに惹かれている。

フランスの紙と分厚さと

フランスのトイレットペーパーは可愛い。

 

人恋しくなりすぎて、トイペに愛情を感じるようになっちゃったか!
お前も終わりだな。

 

というわけではない(はずだ!)

 

フランスのトイレットペーパーは本当に小さいのだ。
幅8センチ、未使用のペーパーの直径は10センチくらい。


夫が私に定規を持たせてきたので、実際測ってみよう。

幅9.5センチ、直径はなんと10センチ。正解!!

 

ちなみにグーグル大先生によると、日本のトイレットペーパーの幅は約11センチ、直径は12センチ以下。

 

なんとなくフランスのトイレットペーパーは拭き心地が足りない感じで、ついついいっぱい使ってしまっていた。
なんでかなーと頭の隅っこで思っていたが、幅の問題か。

 

気がついてからはペーパーを微妙にずらして幅を大きめにしてから折りたたんで使っている。

 

フランスのティッシュは分厚い。
肌感でいうと、日本のティッシュを3枚重ねた感じ。
まるでキッチンペーパーで鼻をかんでいるみたいだ。
なんだかもったいなくて、同じペーパーで2度かんでみたり(汚い話ですみません)。

 

ちなみに、フランスの礼儀作法では、
鼻水が出てきたらちゃんとかむべし!
ということらしい。
人によっては「人前でかまないで、トイレに行ってかみなさいよ!」という教育を受けた日本人もいるはずだ。
フランス人としては、鼻水をすする方が下品とのことで。
先週、語学学校に向かう電車の中でちーんと上品なマダムが鼻をかんでいた。
妙な納得感があった。


ちなみにフランスのキッチンペーパーの厚さは日本のと同じくらい。

 

フランスのクッキングシート(ベーキングシート。オーブンで焼いた時に具材がくっつかないツルツルの紙。)は日本のと同じ暑さ。

 

フランスのレシートはアメリカ、オーストラリア等と比べると分厚い。
日本のよりは薄い。

 

フランスの本の紙は分厚い。画用紙みたいなこともある。

 

マルシェでお店の人が野菜や果物を入れてくれる茶色い紙袋も分厚い。
夫によると、水分や油分がしみないように加工してある紙とのこと。
分厚さは日本の茶封筒並み。

f:id:hyper21:20190521064323j:image

 

フランスの買い物袋(ビニール)は分厚い。
マルシェでもらおうが、夫の勤務先のカフェでもらおうが、変わらない。
基本フランス人はスーパーに買い物袋持参で行く。ない時は有料の袋を買うしかなくなる。

例外はマルシェやベーカリー。袋代はお代に追加されていないようだ。

それにしても分厚い。
高級なお店かと思ってしまう。

 

フランスのタオルは分厚い。

そしてゴワゴワ。

どれだけ多くの洗濯回数に耐えられるか、が肌触りよりも重視されている気がする。

日本のふわふわタオルが恋しい。

 

 

ちなみにフランスの郵便局員の面は厚い。

 

不在票を持って11:30ごろ荷物引き取りに行ったら、不在票に書いていないのに

「それは14:00ですう!14:00に来ないとないですう!」

とまるで小学5年生男児のような語調で言われた。

「いやいや、不在票に『5/12以降に取りに来い』って書いてあるから、もうあるんじゃないですか」

ともうひと押ししてみるも、

「意味分かりませんー」

とまたもや小学生口調。

受付から動く気もないようで、じっと私の目を敵意いっぱいにみつめている。

いやいや、こっちが意味分かんないから。

 

夫の勧めで13:30に取りに行ったら、夫の狙い通り別の担当者がいて、あっさり倉庫の鍵を開けて取りにいってくれた。

無愛想ではあったけど。

 

紙と面の厚いフランスだ。

 

 

 

 

★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto

パティシエの夢と仕事とパリ

今までの私の人生に迷いなんてなかった。


自分で全部決められると思っていたし、自分の選択は全く間違っていないと思っていた。

 

その根拠のない自信は、色々理由づけできる。


私の祖父母が初孫としてお姫様のように可愛がってくれたこと。


2歳で原因不明&病名不明の腎臓病で死にかけたこと。


小学生時代は大の勉強嫌いで、教育熱心な祖母におバカ扱いされたり、数学が極端にできないことで父にアホ扱いされるも(父によると「バカは治らないがアホは治る」とのことで)、中学生時代に学力覚醒、仙台の進学校の入試を突破できたこと。


中学生時代はイジメを受け四面楚歌の状態だったが、皆勤だったこと。


高校時代は担任の先生に「合格は無理だ」と言われた大学に進学できたこと。

 

とにかく、落ち込んでは這い上がる人生を歩んできた(と認識していた)私に、迷いはなかった。

 


大人になったらパティシエになる。

まずは製菓学校に入って、その後はフランスで修行。

その後修行先で出会ったフランス人と結婚して、一緒にお店を開くんだ!

 

 

社会人2年間でまずは製菓学校の学費を貯めた。

 

社会人3年目、土曜休日の仕事になった。

ついに憧れの製菓・調理専門学校、ル・コルドンブルーの製菓課程に入学した。


土曜一日の授業構成はこんな感じだ。

午前中がシェフのデモンストレーションによる作り方の解説で、午後は各自一台ずつケーキを作る。

作った後はシェフに出来上がりをチェックしてもらい、味見をしてもらう。

どの生徒も大体は

「仕上がりが汚い」

「不味い」

などなど、素っ気なくこき下ろされる。

同じクラスの生徒と更衣室で慰め合い、次の授業まで家でも練習する日々。

自分のケーキがこき下ろされるのは気分良くなかったが、でも毎週、夢に一歩一歩近づいている気がした。

毎週学校で一台、家で練習用に一台作り、それを夫と私で消費。

体重は2キロ増え、バターたっぷりのお菓子の消費で顔はニキビだらけ。

でも全く気にしない。

なにせ夢を追いかけているのだ。


クラスメートの中には上級クラスが終わって学校を卒業したら、フランス修行を考える人がいた。

製菓学校の方でも期間限定で修行お試しを斡旋していた。

有名ケーキ屋で、参加費を払いながらではあるが、1ヶ月修行させてもらえる。

それに参加するには、自分のオリジナルケーキを作るという卒業試験で上位成績2位までに入らなければいけない。

自分で修行の世界に入るのは人生の大決断だけれど、期間限定で、しかも学校がおススメする修行なら、やってみたい。


しかし上位2位に入れなかった。

 

冷静になれ、自分。

ここでうまくいかなくても大丈夫なはず。何とかなるさ。


卒業後、即効フランスで修行を始めたクラスメートに話を聞いてみると、フランス語が分からない時は同じ修行仲間のフランス人にからかわれることもあったよう。

でも、高い棚にある材料を取る時などは助けてくれる。仕事仲間とお互いふざけあったりしながらの仕事は楽しいとのこと。

彼女は最終的に、同じ職場で出会ったイギリス人と結婚することになったようである。

 

私はどうするか。

 

コルドンブルーの先生たちも、ケーキ屋をやるなら修行は当然、というスタンスだった。


しかし、ネット、新聞、本や雑誌で調べれば調べる程、劣悪なパティシエの職場環境。

5:00出勤の0:00上がりもざらではなく、かきいれ時のクリスマス前は1週間職場に泊まる。

フランス修行の場合は7:00出勤の19:00上がりで、まだマシ。それでも12時間労働だ。

大抵のシェフは10年間ほど、複数の修行先で修行後、借金をして自分の店を開くようだ。

開店後、黒字になって成功するかは未知数。

修行している間の給与は、もちろん新卒程度。

社会保険を整えている、就労条件の良いケーキ屋に就職するのは必須。

 

ここで前職、新卒時代に学習塾勤務で苦労した経験が頭をもたげてきた。


13:30出勤、21:30退勤が基本。

しかし、中学生の授業が21:15に終わるため、また、正社員は派遣社員が仕事を終えてから戸締りをして帰る事になっているため、21:30に帰ることができるのは稀。もちろん自分も仕事があるから、大抵は23:30上がり。

運が良ければ22:30上がり。

一人暮らしのアパートまで電車で25分。帰って夕食を食べて休憩、午前1:00に就寝。

次の日は9:00過ぎごろ起きて、自分の担当する授業の予習だ。

大抵は2時間授業×2コマだ。

先輩社員が本社で作ってくれた授業マニュアルもあるものの、多少自分でも調べなければ授業で上手く子供達に説明できない。稀にマニアのように物知りの子供がいるものだ。

授業準備はやろうと思えばいつまでもやれてしまう。

より良い授業のため=子供達のため。

でも、あまり自分を追い込むと今度は自分の時間が取れなくて、自分の仕事のストレスが溜まる。だからある程度準備したら一旦やめておく。

しかし、準備をやりきらないことで罪悪感を感じた。

新卒で体育会系の教育を受けたこと、現場では仕事ができないことを叱られてばかりいたことで「もっと頑張らなければ」という気持ちが加速。

自分の時間と生徒のための時間を天秤にかける日々。

ベテランの先生からすると、本当に大したことのない授業をやっていた。

休日は思いっきり遊ぶようにしたが、勤務日に犯したミスについて上司から連絡がくる。

「今、◯◯なんだけど、これ、どうなってんの?ちゃんと子供/親に連絡行ってるんの?」

 

10年経った今でも思い出すと胃がキリキリする。

この仕事を続ける自信がなかった。

 

パティシエ修行ももしや、また学習塾時代みたいになるのでは。

いやいや、そんなことない。

今はちゃんと仕事できるし、世間知らずからは脱却したし、職場だって色々だろ。

でも、低い給与で長時間働き続けるのはいいの?

いや、良くないけど、、、というか、今も低給料だけど、、、

今と同じか、もしくはもっと給与下がっていいの?

自分の時間取れなくていいの?

10年働いて、まだ開店資金たまらなかったら、どうする?

借金したいの?

いやです。

奨学金は返したっけ?

いや、まだ、、、

そもそも、コルドンブルーの中級・上級コースは親にお金出してもらったよね?

あ、はい。

このまま何もしないで終わらせていいわけ?

えええと、、、

 

頭の中で延々と自分と議論。

頭の中では、ひたすら自身に鞭をふるう自分と、自分の進路を迷う自分がいた。


結局、迷う自分が勝った。


下した結論は

「今は修行はとりあえず保留。

一旦会社勤めを続けて、その間にコルドンブルー時代の製菓の腕を落とさないようにして、開店資金貯まったらまた考えよう」

 

 

 

 

そうこうしているうちに今から2年前、夢を応援してくれていた祖父が亡くなった。

 

 

「ヒロコちゃんがお店を開いたら、おじいちゃんがレジを手伝うね!」

 


葬式では、初めて会う祖父の親戚から

「あー、あなたがパティシエを目指している子ね!あなたのおじいちゃんが「孫はパティシエになるんだ!」って胸を張っていたわよ」

と言われた。

 

もうおじいちゃんが私のお店を見ることも、一緒に働くこともない。

 

 

 

私は一体何をしているんだ?

 


私は外資系IT企業でアジア地域と日本の人事の仕事をしていた。

有給は取りやすいが、業務範囲がアジアと日本であるため、結果的に業務量は日系企業勤務時代の3倍。

給与は若干上がったが大手銀行の新卒並みとも言えなくない。

月給を勤務時間で割ったら、、、それは考えたくもない。

上司や先輩は外国にいて、1人でオフィスに座って仕事。

気楽に仕事ができたが、上司が隣にいないため、上司は直接私の仕事ぶりを見ていない。

私の業務量は当然上司からは見えにくく、私が溢れる業務量に押しつぶされていても「みんな忙しいんだから、あなたも頑張って」。

仕事相手の役職者から理不尽な要求を突きつけられても、上司は隣にいないのもあって、守ってくれない。

日系企業のように毎年昇進・昇給が保証されているわけではない。

開店資金はまだ貯まっていない。

 

鬱寸前だった。

 

 

夏休みだけを考えて必死に業務をこなしていたところ、夫からLINE。


「来年の春、パリに転勤になった」


迷いはなかった。


「私も行く」

 

 


私の夢を知っている友人や両親は喜んでくれた。

「ついに本場でパティシエ修行ができるね!!」

それは、、、、

しないかもしれない。


でも、本場のお菓子に関わり続ける事で、何か見えることがあるかも。

何かできる仕事を作れるかも。

 


パリのベーカリーにはカフェが併設されていたり、お惣菜やケーキが並んでいる。

フランス語でのオーダーは住んで2ヶ月経った今も、気合いがいる。

気合いがない日は家に籠って、パリの生活をブログに綴っている。

買ったケーキや作ったケーキはインスタグラムに載せる。


よおし、頼むぞ!

どれどれメニューは、、、


サンドイッチにオムレツ。

ステーキにパスタにピザ。

スープ。

ガレットにクレープ。

ホットチョコレートにコーヒー。

デザート。

全部単品オーダーか。


あああ、なんでデザートをメインにしてくれないわけ?

そんなにボリューミーなサンドイッチやプレートはいらない。

山盛りのデザートとちょっとのおかずでいいんだけど。

 

 

夫と時々パン屋に行って、朝食のパンを買う。

夫はプレーンのクロワッサンか、チョコレート入りのデニッシュ(パン・オ・ショコラ)。

私はパンをスルーして、プリンタルト。

店員のおばさんが若い男性店員に

「ほらあ、朝からプリンタルトをオーダーするお客さんもいるでしょう!ちゃんと準備しておきなさいよ!」

はい、私がその珍しいお客です。

 

 

私の頭の中の夢見る子供が、今日もお菓子を求めている。

何よりも。

 

母の日とボルドーカヌレと

今週のお題「母の日」

 

パリの日々の生活で必死すぎて、母の日を忘れてた!

 

と言うと(若干)聞こえが良いが、実際はもっと甘っちょろい。

フランス語学校と、自分のフランス語能力の低さと、将来の不安で勝手に私ひとりで悩んでいるだけ。


外から事実だけを見れば、私は
会社勤めを辞めて夫(法的には「事実婚の夫」=彼氏)についてきた、一年半とりあえず休憩予定の(会社勤めから距離を置いている)30代女性。
呑気なものである。

 

母は私を28歳の時に生んだらしいので、母が私の歳の頃はそろそろ幼稚園に入園するくらいか。

妹も生まれてて、知的障害児だということもとっくに発覚している。

弟はもう生まれたか、生まれる寸前かだ。
これだけ聞いても母の30代は人生の(転換期というよりは)「困難期」だ。


幼稚園から大学まで同じ私立の学校。
エレベーター式で学年を上がりながら学び、バブル期に就職、父とお見合い結婚して退社の寿退社、父の職場のある仙台へ引っ越し。
ここまでは典型的な母の時代の女性の生き方ではないか。
しかし、欧米式の教育を受け気が強く、そのうえ人一倍心の繊細な母は、全く子育てに協力的でない、その時代に典型的な私の父に次第に嫌気がさし、相当腹が立っていたようだ。しかも、そもそも人見知りなので、新しい土地仙台に友人も少ない。


母によると、

「あまりにもイライラした時は一人でお皿を床に投げつけて割っていたが、それでは粉々になった皿を片付けるのは自分なので、二重にしたビニール袋入れてから皿を投げるけるようにしていた」とのことだ。

 

感情的な中にも冷静な母がいた。

 

最近、私は母はダースベーダーなのではないかと思っている。
母の命令は絶対だ。
逆らったからといって、ダースベーダー式に首を絞められることはもちろんなかったので、子供時代は大いに逆らい泣かせてしまったこともあったが(すみません)、基本的に母の望みははっきりしている。逆らう必要がないところは従うべし。

 

母の日を忘れ、しかも時差で連絡のタイミングが翌日になってしまった私は、いつも通りにLINEでコールしようとした。
母は不在。

どうやら母は風邪をひいていたようである。

弟との不和や、祖母の月一回の介護(実際そこまで祖母の状態はひどくないけれど、祖父を亡くして少しボケてしまった祖母の世話をしなければ、という強い責任感があるので、母の感覚としては「介護」だろう)、普段の妹の世話、引退して短期間勤務になった父、長女のパリ引っ越し、と今年は心の負担が強いに違いない。


母のガラスの心は持ちこたえているだろうか。

 

あまりあけすけに書くと母本人が嫌がりそうなので、ここまでにしておく。

、、、、、
もうすでにかなりあけすけか。
お母さんごめんね。

 


やはり、家族というものは大切なものだけれど、すごく深刻で重いものでもあると思う。

血がつながっていることによってお互いのことを所有している気になったり、お互いのことを良くわかったつもりでいることがある。

でも実際は家族といえど、性格も物事の受け止め方も違う。
だからお互いが良くない状況にいる時や余裕がない時は、全くの他人とぶつかる時よりもずっと激しくぶつかってしまう。

 

結局、自分が家族だと思える人たちの集まり、または自分の「ホーム」を作っていくのが良いのかな。


ちょっとNetFlixのドラマの見過ぎか。

 

ドラマを見て人を分析してしまうのは、人事担当者時代の癖が抜けてないのかも。

 

・・・・・・

 

それにしても、仕事をしていないと、考える時間がいっぱいあって、色々と考えてしまう。
そして、先週から今週にかけて、相当寂しい気持ちになっている。


主婦って、こんなに辛いのか。


会社の仕事の方がずっと辛いけれど、自分の頭が監獄みたいになってしまうのも、精神的にかなり厳しい。

前職の外国人社員がたまに「寂しい、寂しい」と呟いていたが、今なら気持ちが痛いほどわかる。

同居人(同郷人)がいるかどうかは関係ない。

とにかく無性に心細くなるのだ。

 

ついには夫まで
「ちゃんとパリで5年間一緒にいれるようにしてほしい」
と言うようになってしまった。

 

でもまだパリ生活8週目。
学生生活はまだ一年以上残ってる。銀行口座のお金はあまり残ってないけれど、、、
私も夫もせっかちなのだろう。


でも日本でもパリでも会社生活というものに戻りたくない。

ピーターパンヒロコ。

今にでも”You can fly!”とか言いながら空に羽ばたくかも。

 

・・・・・・・

 

夫がボルドーに出張してきた。

f:id:hyper21:20190515193107j:image


私がワイン所望を伝えなかったためワインは買ってこなかったとのことで、代わりにカヌレを買ってきてくれた。

f:id:hyper21:20190515193150j:image

f:id:hyper21:20190515193139j:image


本場のカヌレは日本のもの以上に外の皮がザックザク。
そしてラム酒をガツンと感じる。


フランスのお菓子は甘みが遠いような気がしていた。

ケーキは卵感や、バター感がなく、あっさり軽い。
でも、焼き(火の通し方)とお酒はバッチリ強い。
タルト生地やパイ生地が真っ茶色なこともある。香ばしさ重視か。

まだフランス人の「ツボ」を探り中だ。

 

 

 


★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto

美術館とパリの外国人女子たちと日本人と

f:id:hyper21:20190513173738j:image

週末は美術館ざんまい。
こちらの美術館は作品の写真を撮っていいから驚き!
気に入ったのはバシャバシャ撮っていく。
アングルは気にしていないので悪しからず、、、(いや、画家のドミニク・アングルは気にしてます、大いに!)

f:id:hyper21:20190513173817j:image

 

ルイヴィトン美術館では印象派の特集をやっていて楽しい。

マルモッタンモネ美術館では、睡蓮の連作がドーンと「これでもか感」を出して飾られている。

カッコいい。

こんな部屋で瞑想でもしたら、すごく気持ちが落ち着くに違いない。

(睡蓮の部屋の動画はアップできませんでした、、、残念)

 

・・・・・・


夫が勤務の日曜日は、Facebookのグループで出会った女の子たちとお茶。
取りまとめてくれた子は30歳になったばかりのすごい美人で、私は

 

「うわあ〜!!目の保養!!」

と思っていた。

 

が、なかなかソウルフルな子(ここでは「ミーナ」と呼ぶことにする)。
口を開くと、田舎の母のような勢い。
もしくは町内会の会長。

 

「来週末はポルトガル料理やさんにみんなで行くわよお!」

 

「(数人のグループに分かれて話してると)ちょっと、ちょっと、ちょおっと!!!(バンっとテーブルを叩いて)みんな聞いて!!!うちらのグループにフランス人を入れてっていうリクエストがあったから、探してたら、はっけーん!!声かけてみるわ」

 

「あーこの子は遠くに住んでるからダメだわ、うちらの住んでる区より遠いわ。残念!」

 

「これから毎週あんたたちと一緒に出かけるわよお!!」

 

( 帰り際に「電車で次の場所まで行く」という別の女の子の発言を受けて)
「車あるから、近くまで一緒に乗って行きなさいよ!凱旋門のあたりは特にクレイジーなドライバーが多いから行かないけどね!」

 

いつも人から「元気」「テンションが高い」と言われがちな私。

でも、ここまで元気元気な人には出会ったことがない。
実はこのイベント数日前までなぜか無性に人恋しかったのだが、ミーナのお陰でその寂しさが完全に発散された気がする。

 


それにしてもこれには困った。

 

ミーナ:「私の通っていた語学学校では、中国人と日本人が結託して、韓国人をはぶってて、「どうしちゃったの!?」って思ったわよ!(私と中国人の女の子を指して)あんたら何かあるの!?なんか、日本人が韓国人を見下してたし、無視してたの!」

 

その場にいた中国人の女の子(ここではルーと呼ぶことにする):「変だねえ。まあ歴史があるからねえ。」

私:「へえ。意地悪だね。人によるんじゃないかなあ。相手を選んでつきあった方がいいかもね。」

 

ミーナ:「実際、中国人と日本人とはお友達になるのは難しいわよね。」

ルーと私:「あー、うちらって同じ民族で固まりがちなんだよね。まあ、私たちはいろんな人と付き合いたい人だけどねー」

ミーナ:「(ルーと私を指差して)あんたらを見つけた時は「発見!」って感じだったわよ!」

 

どうやら、ルーはミーナにとっての初めての中国人のお友達、私はミーナの初めての日本人の友達になったらしい。

 


それにしても、ネット上でも有名なようだが、パリの日本人はなんだかおかしいのは確か。


ラーメン屋、おにぎり屋、日本食スーパーの日本人男性・女性店員は無表情。
これならフランス人のほうがよっぽど感じがいい。
パリのフランス人はちゃんとこちらから(恥ずかしさを飲み込んで)「ボンジュール!」と挨拶すれば、ニコッとしてくれる人もいるし、無表情な場合でも敵意は感じないのだが。
パリの日本人は笑ったとしても上から目線で小馬鹿にしたように笑う感じ。
もしくは無表情で絶対日本語を話さないかどちらかだ。

 

まあ、旅行先で同じ日本人に会うとなんだか恥ずかしくて逃げたくなるのは分かる。
でもサービス業についているなら「お客様をもてなす」のも仕事なのでは。

 

ネット上の情報によると
「物価が高いにもかかわらず、給与が低いから生活に苦労していて、心がやさぐれていく日本人が多いのでは。住居費タダの代わりに住み込みでお手伝いさんをやらせられているという現象もあり、苦労しているのでは。」

とのことだ。

たしかに、Au Pair (「オーペアー」と発音するらしい)の外国人学生たちは、パリを体験もしくは留学中に住み込みのお手伝いをするというプログラムに乗っており貧しい、と聞いたことがある。

なるほど、分からなくもないなあ。
私も前職では他の社員と比べて圧倒的に給与低かったしねえ。
でも全く関係のない他人に八つ当たりしても何も変わらない気がするけれどなあ。

 

ネット上の情報によると、仮に日本人と知り合いになって付き合うようになっても、割り勘する時にドケチだったり、自分の要望を押し通そうとしたりする人が多いらしい。
パリの日本人には近づかないようにした方がいいみたい。
(ちなみに夫の勤めるお店の日本人は感じが良い、普通の日本人の方ばかりです。)

 

なんだか悲しい部族だな、日本人。
同じ民族なのに、お互い要注意人物みたいになってるなんて。
母国以外の土地で、孤立してるから助け合うのが一番理に叶ってるのに。

もしかしたら、パリにいる日本人は自分のこと、嫌いなんじゃないかな。

どう頑張ったって、自分の中の「日本人」は捨て去れないと思うけれど。

 

たしかに私も日本人らしからぬ性格だから「日本大好き!」とは絶叫しないけれど。
たしかに日本にいた時は自分に合わなすぎて「私は違う!」と心で叫ぶこともあったけれど。
でも、パリの日本人は過激派すぎじゃないかなあ。
日本が嫌いでフランスに来て、日本人を見ただけで吐き気がするくらいまで心がやさぐれちゃったのかなあ。

私の心が荒れた時は、パリの日本人を他山の石にして、向きそうになった牙を収めよう。

 

・・・・・・


マルモッタンマネ美術館で、たまたま団体のガイドをしていたフランス人女性の解説がわかりやすくて、途中から一緒に聞いて回っていた。
団体の中のひとりのおじさんが「誰、コイツ?」みたいな顔してたけど。
「すみません、一緒にフランス語の勉強させてください。」と心の中で謝る。

ガイドが終わる頃には、フランス語の解説が80%くらい聞き取れて有頂天。

 

夫と私は子供みたいな性格のため、お互い何か新しくできるようになった時は小学生のように
「ねえねえ!◯◯ができるようになったよ!」
とお互いに報告・自慢する。
すると相手が
「良かったねえ!良い子だねえ!」
と褒めないといけないことになっている。

 

私:「ねえねえ!フランス語の解説、ほとんど分ったよ!やったあ!」
夫:「あー、なんかゆっくりはっきり話してたよね。お客さんがおじいさんおばあさんばかりだったからかもね」

 

!!!!!

えええーそーゆーこと!?


じゃあ、私はフランス人のおばあさんの仏語レベル合格ってことか。
おばあさんとお友達になった方が良いのか。

、、、、、

そしたら「若い良い日本人の移民の若者」と思ってもらえるかも?

f:id:hyper21:20190513173733j:image

 


★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto

 

 

パリのマック訪問

先日銀行口座を作ってきた。


といっても、日本みたいに機械でぱっと30分で/1日で作れるような代物ではない。
イメージ的にはパスポートを作る作業の複雑さを2倍にした感じ。
提出書類5種は決まっているものの、そのあとその場でサインする書類が多いし(開設の際に5種類くらい、2週間後の開設完了後に10種くらいサインした気がする)、なにせフランス語で書かれており、各書類10ページはあるので、読まない/そもそも読めない。

危険だ。

 

銀行口座づくりについては別途まとめるとして、午後の語学学校まで時間が余ったので、マックに入ってみた。

カウンターで頼めるだけでなくボードで頼めるようなので、あまり店内が混雑していないうちに、ゆっくりやってみることにした。

f:id:hyper21:20190508170623j:image

 

・・・なんかすごくメニューが多い、、、気がする。

 

3歳児のように手当たり次第次々にボタンを押してみて、説明読んでみる。
うーん楽しい。
そんなことしている客は私以外いそうになかった。

 

とりあえず「当店オススメ」的なバーガーを選び、サイドはポテト(サラダを選ばないといつも罪悪感が襲うけれど気にしない気にしない)、喉が渇いているので炭酸水。

これもまた、商品を全部選んだ後に決定ボタンがどこにあるのか分からないのと、画面に出ている警告の意味が分からず手こずる。

いろんなボタンを試してみてようやく購入決定。
なんか、動物奇想天外に出てくる、実験に参加中のチンパンジーの気分だ(古い?)

 

購入決定すると、カウンターで支払うか、カードで支払うか聞かれるので、カードを選択。

f:id:hyper21:20190508170710j:image
ちなみに、フランスは銀行口座のカードにクレジットカード機能が自動的についてくるのが普通らしく、クレジットカードのことをBank Cardという。

 

支払処理が完了すると、レシートと番号が出てくるので、番号を握りしめてカウンターで待つ。

12:00くらいだったこともあり、客の入りは店の半分くらい。

f:id:hyper21:20190508170751j:image

 

2階で席を見つけて座る。

日本と違い、マックで勉強している人や仕事をしている人がいない!!


みんな学生が友達と来てダベっているか、仕事をしている人たちが昼休憩に来ているか、という感じで、みんなただただ食べているか喋っている。
学校前にテスト対策したかったのに。

 

さてさて。
お味はどうかな。

f:id:hyper21:20190508170743j:image

むむ。


味が


ない。

 

さっきボードでオーダーした時、ポテトのソースを選ぶメニューはあったけれど、バーガーのソースを選ぶメニューはなかったぞ?

だから、手元に余分なソース的なものはないぞ?

カウンターでもらえたのかな?

誰か、ケチャップか、マヨネーズか、醤油マヨ、ください。
中濃ソースがあればケチャップと混ぜてもいいかも。
とにかく、タレ系のもの、ください。

 

ポテトを一口。

 

味が


ない。

 

?????

そっか、これはソースがあるんだったな。

うん、ソースにつけると、普通にいいぞ。

 

これ、ドリンクにコーラとかオーダーしていたら、バーガーやポテトがコーラに負けるのでは??

そっか、もしかしたら、コーラの味も薄いのかも(え)

とにかく衝撃のマック。
周りの客のように、脇目を触れず黙々と食べる。


だんたんと店内が混み合ってきた。


フランス人は席がないと普通に他人と相席する。
4人がけブースに一人座っっていても
「ここ、いいですか?」
みたいな感じで2人組が入ってきたりする。
4人がけのテーブルだけでなく、2人がけの小さいテーブルでも、向かい側に他人が座ったりする。ぎょぎょぎょ。
私の右隣の高校生男子(のように見える)が、一人で食べていたが、ガタイの良いおっちゃん二人組が相席してきて、男子、ちょっと肩身狭そうだった。

 

入り口にマックカフェがあったのを思い出し、行ってみることにする。

f:id:hyper21:20190508170854j:image

これが噂のマックマカロンか。
カロンカヌレ、カフェオレをオーダー。

f:id:hyper21:20190508170859j:image
そしてまさかのカフェオレがヒット!!

 

今まで飲んだカフェオレの中で一番良いじゃないか!!
そんなことってあるのか!?
ちゃんとお豆がローストしてある感じの、エスプレッソを使っている感じの、濃い目のコーヒー。
ほかのお店みたいに水っぽくないし、インスタントコーヒー感がない!!

これをカフェオレと言うのだ、パリ人よ。
もうカフェオレはマックで決まりだ。

 


マック体験を記録しておきたくて写真を撮っていて気がついたのだが、パリでは誰も日常生活の写真を撮っている人がいない。
観光名所パリにはブロガーやYouTuberがまるでいないような感じだ。

いや、YouTubeを検索すればちゃんとYouTuberはたくさんいるし、ググればフランス生活をしているブロガーは星の数ほどいそうな感じだ。

でもこの1.5ヶ月間のパリ生活で、日常の写真やビデオを撮っている人を一人も見たことがない。

パリでブロガーやYouTuberの仕事現場を探すのはウォーリーを探すくらい大変なんじゃないか。


だから写真を撮っているとすごく浮く!!
しかも、もちろん日本で買ったアンドロイドスマホを使っているので、撮るたびにカシャっと鳴る(シャッター音が消せない)。
マックでのカード決済をする部分の撮影なんぞ、さぞ怪しい人に見えただろう。
の割にカシャカシャ鳴って、(撮影を)隠す気はない、みたいな。

 

(誰も写真を撮っていないところで写真を撮るのは)気まずいからいつも動揺を隠せず、カシャっと撮ったらその場をそそくさと去る。

だから一人で撮った写真はほぼ手ブレ(言い訳)。

 

 

パリでYouTuberになろうとしたら、Go Proとかを腰とか脚とか、キックスケーターとか、セグウェイとかに付けて(!?)、よっぽどコッソリ撮影するのだろう。
そしてブロガーはインスタ映えするような美しい写真しか撮らないのだろう。日常なんてどうでも良いのか。


・・・だからこっちのInfluencer(インフルエンサー)はみんなカッコいい感じなのか!

 

 

 

★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto

 

 

 

フランスの冷凍食品事情 - PICARD

ついていけなくてヒイヒイ言っている日々のフランス語の授業は2つの構成から成っている。

月・火・木・金は教科書の文章読み取り(国語の授業のように)、水はリスニング・仏語作文だ。


「語学学校を終えた頃にはある程度フランス語を話せるようになる」という目標だと、仏語作文の授業が一番ためになる。

最近の授業で面白かったのは「フランスのガストロノミー(美食学・美食術)」だ。


夕食を食べながらYouTubeNetflixで番組を探していると、いつの間にか料理番組を見ている私は、夫から
「ヒロって食べ物食べながら食べ物の話を見てるんだね」
「舌に支配されてるね」
と言われている。
それだからこのお腹が出っぱなしなのか。

 

パリの女性はみんなガリガリ
曲線美&ボリューミーなのは外国人観光客ばかり。
そして私もボリューミーさんである。

 

ガストロノミーの授業で、
「フランス人人口の半分が、平日は冷凍食品を消費している」
という2016年のデータを見た。
どのように統計を取ったのかは不明だが、意外や意外。


リスニング問題で


「冷凍食品の品質は悪くないし(フランス人が「悪くない」と表現する場合は「すごく良い」という意味である)、

アントレからデザートまで揃って効率的だし便利!パーティーの時も冷食で揃えるわよ!」


というセリフがあった。

いまいち「アントレからデザートまで」のイメージが湧かなかった。
ゆりかごから墓場まで」みたいな?
そんなに良いもんなんかね?

 

しかし、近所に冷凍食品専門店PICARD(ピカール)があったのに気がつき、先日夫と入ってみて大感動。


ほんとだ、何でもある!

 

冷凍野菜に冷凍果物、クラッカーにいろんな種類のパテが乗ったようなもの、飛行機の機内食で出てきそうなメインディッシュ(クスクスやラザニア等、オシャレ)、デザート(マカロン、ガトーショコラ、モンブラン等)、材料としての肉・魚。

セーヌ川ピクニックをした際はマカロンをケーキに仕立てたデザートとオペラ(チョコレートケーキ)を食べてみたが、普通にケーキ屋さんで買ったかのようなクオリティー
夫によると近年ケーキ屋さんの売り上げは軒並み下がっているようだ。
PICARDがチェーン店なら、ライバルになり得るかもな。

 

週末は倹約家の夫は仕事。こっそりPICARDを覗きに行った。
お金を使いすぎないよいうに

「家計簿、家計簿、予算、予算」

と頭の中で唱えながら店内を回ったが、誘惑は多し。
結局下記を購入。

f:id:hyper21:20190507044617j:image

(写真がどうしても横になってくれない)

 

f:id:hyper21:20190507044626j:image

(そしてこっちは逆さま、なぜ?)

このチョコレートの卵は、4月下旬のイースターの時に電車の駅構内に広告が出ていて、すごく食べたかった!ついに割引価格でゲット。


しかし、パッケージデザインの素晴らしさに気がついたのは実際に食べてみた時。

こちらのレモンチキンをご覧あれ。

f:id:hyper21:20190507045024j:image

 

なんじゃこりゃー!!

ビフォーアフター」どころじゃない。

確かにパッケージを読むと

レモンチキン&マッシュポテト

と書いてあるが、フランス語の表現の

Potato Douce (優しいポテト)

に期待感が募ったのかも。

もうがっかり感半端ない。

 

f:id:hyper21:20190507045028j:image

そしてこのフルーツサラダ。
なんだこのつぶつぶついてる葉っぱは?

パッケージを見るとVerbenaということで、つまりはハーブのバーベナ
でもさっきから口の中にささるんだけど?
味に貢献してくれてるんだとは思うが、それにしてもちょっと痛い。

 

期待していたのはチョコレートエッグ。
アイスクリームケーキで箱は縦が20センチくらいの大きさ。
しかし、開けてみると中身は半分くらいの大きさで、、、


まるで飼っていたダチョウが待ちに待った瞬間に、目の前で初めて卵を産んだが、思ったより小さかったみたいな感じだ。(そんなシチュエーションあるのか?)
見た目もパッケージと比べてしまうとむむむ、、、

 

しかし味は本物でした。
チョコレートは濃厚で、どこぞのジェラート屋さんのみたい。
これはわざわざアイスクリーム買わないでPICARD来るかも。

自宅から徒歩10分圏内だから、今後も通ってしまうかも。

 


★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto

 

 

ブローニュの森(パリ)でチキンラーメン

日本での週間をパリでも変えず、食事の時にはアウトドア系YouTuberのチャンネルを見ている夫婦は、パリでもアウトドアをしたくなった。
どうやらキャンプサイトはあるようだが、まずはガスコンロを使って外でお昼ご飯を食べたい。

 

夫の職場から徒歩15分ほどのところにブローニュの森がある。
夫が12月に1ヶ月働いた際は冬だったため何もなく、荒涼とした、かつ錆びれた公園だったとのことで、夫はあまりやる気がなかった。
しかし、ガスコンロを使いたい気持ちは私よりあるらしく、重い腰を上げて行ってみることにした。

 

でもただでは行けない。

パリへ引越しの際にガス缶は持ってこれなかった。

あと、アウトドアで必須のインスタントラーメンがない。

 

パリで大きめのスーパーMonoprix(モノプリ)、近所のDIYショップ、アウトドア用品店のDecathonを回ったが、売ってない。

どうやらこの国の人たちはガス缶を使わないようだ!

ガスコンロを使わないなら、ほら、あれだ、チーズフォンデュのチーズが食べてる途中で固まった時に温めるには、いちいちキッチンまで戻るのか?

そもそもチーズフォンデュはお店でしか食べないのか?

 

ついにAu Vieux Camper (オー・ビュー・キャンパー)でガス缶をゲット。

https://www.auvieuxcampeur.fr/boutiques/Paris

アウトドア用品が全て揃うお店で、一区画にキャンプ用品、ボルダリング用品、スノボ・スキー用品、登山地図のお店、等の小さなお店が集まってる。

ガス缶を売っている店舗を探すのに、その一画をぐるぐる回ってしまった。

ガス缶を手に入れるまでここまで手間がかかるとは、、、

 

インスタントラーメンに関しては偶然の出逢いだった。

友人との待ち合わせ時間までの隙間時間に散歩していたところ、たまたま日本食スーパー「京子食品」を発見!

f:id:hyper21:20190503192118j:image

インスタントラーメン1パック1.55ユーロなのを良いことに、一番お得感のあるチキンラーメンを購入。

 


そしてついにこの日、ガス缶をチキンラーメンと折りたたみ椅子を持って森に行くのだ!!


飲み物は作った麦茶を持っていった。


食品と道具を持ってあげる!と意気揚々だった夫は、自宅から徒歩25分かかる森に着いた時にはヒイヒイ言っていた。

おまけに相当不機嫌になっている。
数年前の富士山登山では、水と食料と防寒具を持っての6時間登山で死にそうな私を尻目に「余裕ぶっこいていた」くせに、弱ってるなあ。

 

公園を入って大きな通りに出ると、みんな走ってる走ってる!
ランナーだらけだ。
天気が良く、桜とはいかないけれど、ところどころ木にピンク色の花が咲き乱れている。

f:id:hyper21:20190503192054j:image

日陰を探して椅子を組み立て、ピクニックシートの上でガスコンロをセット。
早速マッシュルームとトマトのマヨ炒めにしよう。

f:id:hyper21:20190503192059j:image


マッシュルームとトマトから大量に水分が出て、あっさりしたお味。
フランスの野菜は甘みが強く、味もジャムのように凝縮されていて濃い。
日本の野菜と比べるとこってりだ。


いよいよ鍋でチキンラーメン
冷蔵庫で使う卵ケースが卵を持ち運ぶのにちょうどよかったので、卵を入れてタオルでくるんできた。
チキンラーメン卵とじなんていつぶりだろ。
しかし、ガス缶の火力が強かったのか、汁なしチキンラーメンになっちまいました、、、

f:id:hyper21:20190503192103j:image

 

それでもやっぱり美味しいぞ。
このあっさりしょうゆ味、求めてた!

 


日陰が寒いので日向に位置をずらすと、眠気が襲う。
夫はピクニックシートで昼寝。私は読書。

人に影響されやすい私は夫が起きてから走りに行く。

基本ランニングは大嫌いだが、もともとぽっこり出ていたお腹がパリで悪化している。
こんな緑緑している公園なら走ったら気持ちが良いかも。
意気揚々と夫に手を振って走り出す。


明らかに走り慣れていない人も結構走っているので、勇気がでる。
ヨタヨタやってるのは私だけじゃないのね!
結構走れるな!結構走ったな!と思ってスマホを見ると7分しか経過していない。
私もなんと能天気なものである。

 

しかし、そこで気がついてしまった。
公園の周り=湖の周りをぐるっと一周するつもりで走り出したものの、ランニングアプリを入れていないので、どこを走ったかがわからない。
ということは、途中で戻りたくなっても元の場所に戻れない。
しかも、公園の周り一周が何メートル・何キロあるかなんて調べてない。

 

!!!!!!!!!!!

 

パニクったものの、走らないと帰れないので走り続ける。
綺麗な景色が救い。

f:id:hyper21:20190503192111j:image


直射日光が熱くなってきた。
風は冷たい日だったので分厚いパーカーを着てきたのだが、その中も暑くなってきた。
疲れて歩くが、周りのランナーに勇気付けられ、走り出す。
湖の周りはファミリーゾーンになっているらしく、ピクニック人口はこちらのほうが多い。

f:id:hyper21:20190503192131j:image


代々木公園より開放感があり、船橋アンデルセン公園より水と自然が豊かな公園だ。
気に入った。
あと10分くらい走らないといけないのかな、と思った矢先、折りたたみ椅子のカラフルな色が見える。
着いた!!

 

夫に「帰ってこれないかと思った」と伝えると夫、
「もう帰ってこないかと思った」
とのことである。

 

走ったルートを記録していなかったので、実際どこをどれくらい走ったのかは不明だが、経過時間は20分強。
なあんだ。
でも筋肉痛がもうきてる。
え、もしかして若返った!?
昔は次の日か、ひどいと2日後で筋肉痛がきたものだった。
筋肉生成サイクル早くなってる!?

 

夫、真顔で「もう一回走ってルート記録しておいでよ」

 

本当にドSな夫である。

 

 

この日の夕食はハンバーグ入り焼きトマトソースパスタ。

f:id:hyper21:20190503192134j:image

 

★当ブログではリアルなパリ生活を配信しております★
★こちらのインスタグラムでは「キラキラしたパリ生活」を配信しております★
Http//www.instagram.com/hiroko87yamamoto